山田清次社長の本 「買ってはいけない家」

 

 山田建設社長 山田清次が渾身の思いで綴った家を建てる方たちのための必読の書です。
 社寺や文化建築を手がけてきた技術と、材料を見極める匠の目を生かし、高品質の家を適正価格で建てるための極意をわかりやすく解説しています。ぜひ、皆様にも本書をお読み頂き、間違いのない満足のいく家づくりを実現してください。
 

山田清次 著
「買ってはいけない家
  ~匠のわざと知恵が教える安くていい家の秘訣~」 
■ 発行:エル書房  ■  定価:本体500円+税

 

>> ご購入はこちら 

 

 

 

本書の内容 ~「買ってはいけない家」の目次より~

序章 家を持つ意味
目的があいまいなまま立ててしまうのは「買ってはいけない家」
第1章 間取り etc.
「私は素人なのでプランはお任せします」というのは「買ってはいけない家」
第2章 資金
業者・銀行に勧められた資金計画で建てるのは「買ってはいけない家」
第3章 業者選び
材料と職人以外にお金を使い過ぎるのは「買ってはいけない家」
第4章 商談
相見積でヘトヘトになっているのは「買ってはいけない家」
第5章 着工前の打ち合わせ
10年後に流行遅れになるのは「買ってはいけない家」
第6章 建築工事
顔も名前も知らない職人が建てるのは「買ってはいけない家」
第7章 引渡し後のトラブル
建てた後で心配になるのは「買ってはいけない家」

 

 

読者の皆様から頂いたご感想

 

新潟県内の書店で「売れている本」にランクイン!

新潟日報に掲載された県内書店の「売れている本」ランキングにおいて9位にランクインしました!
ご購入頂きました皆様、たいへんありがとうございました。

 

 

ページトップへ